Lightspeed GMI Honesty Detector

Lightspeed GMI Honesty Detector

優れた調査には優れた回答者が必要

icons_honesty-detector

回答者の質は、市場、ソース、サプライヤによって変わるため、調査には、回答者が正直に回答していることを保証する高度な検証が必要であると当社は考えています。 Lightspeed GMI の Honesty Detector は、これらすべてを適用するために、回答者が正直に回答していることを信頼できる革新的なソリューションを提供しています。

 

 

回答者の正直な回答を信頼

Lightspeed GMI Honesty Detector は、過大報告をする回答者を調査対象から外す、オンラインの統計的アプローチでです。 Lightspeed GMI の先駆的な調査をベースにした Honesty Detector は、高確率/低確率のステートメントのほか、ベンチマークの質問を組み合わせてパネリストの回答を分析し、信頼できない回答者を特定します。 「不誠実」とみなされた回答者は、調査への参加をブロックされるため、お客様は受け取るデータの信憑性を信頼することができます。

Lightspeed GMI Honesty Detector が実現するデータ品質の向上により、市場構造、ブランド認知度、発生率が低い行動、当事者意識などをより適切に評価できるようになります。 当社の特許出願中のアプローチは、使いやすく、調査のコアとなるプラットフォームに組み込まれており、Lightspeed GMI で調査サンプルを管理する際の補助的な役割を果たしています。 Lightspeed GMI Honesty Detector は、B2B、IT、消費者を対象とした 20 以上の市場で利用でき、医療専門家の調査にも対応することができます。

 

特許出願中の自社ソリューション

独立した妥当性チェック

Lightspeed GMI Honesty Detector は、既存の多くの品質チェックとは異なり、消費者の信用と報告に基づいたデータベースの情報に依存していません。こうした情報は、ある特定の消費者層に限定され、重要な消費者層を除外している可能性があるからです。 Lightspeed GMI Honesty Detector は、透明度の高い単独のアプローチとして、独立して機能します。 その効果は、消費者層や調査の主題を問わずに立証されており、発生率が低いものを扱う調査に必要とされています。

 

過大報告の文化的背景

Lightspeed GMI が世界各国で実施した調査により、ある特定の国では、信頼できないオンライン回答者の割合が、他の国よりも高いことが明らかになりました。 そこで、Lightspeed GMI の実験結果に基づき、各国に 3 ~ 30 %の変数を設定し、あらゆるケースにおいて、精度の高いデータに主要なリスク要因を課しました。 Lightspeed GMI Honesty Detector を使用すれば、世界各国の調査データを正確に比較しながら、国によってばらつきのあるサンプルを効果的に調整することができます。

 

尺度を設定

他の多くの品質ソリューションでは、回答者のシグナリングがリスク要因になる場合がありますが、Honesty Detector は、シグナリングや条件付けのリスクを排除するように設計されています。 サンプリングシステムの中心に位置する Honesty Detector の質問は、プロファイリングまたはスクリーニングのための質問として、同じ方法でパネリストに課せられます。 Honesty Detector が提供する質問は当社のシステムの原動力であり、その堅牢な質問ライブラリにより、2 名の異なる回答者に同じ質問セットが割り当てられる可能性は極めて低くなります。 そのため、Honesty Detector の質問に答えるように促されると、回答者は毎回自然に感じられる期待どおりのやり方で回答しています。 回答者がこの段階で過大報告をする場合は、実際のアンケートでも過大報告をする可能性が高く、データ品質に悪影響を与えることになります。